Menu

エコー検査

Home

エコー検査

エコー検査は非常に安全に検査する事が出来る検査方法です。

エコー検査は非常に安全に検査する事が出来る検査方法です。

エコー検査は体外から機器を当てるだけで検査できる上に、これといった副作用も無く、医療現場では頻繁に行われる検査の一つです。
妊婦の胎児の様子を検査する時にも使われる程、安全に体内を検査する事が出来ます。

エコー(超音波)検査とは

超音波は人の耳には聞こえない高い音で、人体に当てると組織の境界や結石、腫瘍などにあたって戻ってきます。
この戻ってきた音の強さの違いを画像としてモニターに映し出して行う検査です。
普通特別な前処置はいらず、痛みもないので、画像診断の中では最初に行われる検査です。
肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓などの臓器、消化管などの腹部の臓器、乳腺・甲状腺など体表に近い臓器、動脈硬化をみるための頚動脈、さらに膀胱、前立腺等の泌尿器、子宮、卵巣などの婦人科など多くの領域が対象となります。

体のほぼ全てを検査する事が出来ます。

体のほぼ全てを検査する事が出来ます。

頭蓋部分を除いて体のほとんどの部分がエコー検査の対象となります。
代表的なものでは
心臓超音波検査
腹部超音波検査(肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓・大血管など)
筋肉などの軟部組織の腫瘤の検査
甲状腺機能亢進症や甲状腺腫の診断や評価
経膣超音波検査・経直腸超音波検査
などがあります。

検査方法

検査方法

プローブを体の検査したいところに直接当てますが、プローブと皮膚の間に空気が入らないように無害なゼリーを塗ります。
上腹部の検査では息を吸ったり止めたりしながら、検査をすることがありますが、苦しくない程度にゆっくり行えばいい検査です。
検査にかかる時間は15分程度です。

検査前の注意

肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓などの上腹部の検査時は、胃腸の中のガス(空気)や食物が超音波のじゃまにならないよう、検査当日は絶食としてください。また検査の3時間ほど前から排尿を控え、膀胱に十分尿をためておいてください。

体に悪い影響はありません。

お腹の赤ちゃんにも使えるほど体に影響がなく無害ですので、何度も繰り返し行える手軽な検査として、いろいろな分野で使われています。検査のために体に超音波発信器を当てますので、押される感じやくすぐったく感じる人もいらっしゃいますが、少しの間だけ我慢して下さい。 ひどく痛む場合は、遠慮なく医師にお伝えください。