Menu

各種検査

Home

各種検査

当院では様々な検査を行っております。

上田外科医院では診療の他に各種検査を行っております。
ご自身の身体に対する不安や心配があれば、気兼ねなくご相談ください。

上部消化管内視鏡検査

胃ファイバースコープを使い、食道、胃、十二指腸の粘膜を観察し、胃炎などの炎症、潰瘍、癌などの腫瘍の診断を行います。胃透視のようなレントゲン検査では発見しにくい、小さな病変を見つけられる特徴があります。 当院では苦痛の少ない経鼻内視鏡を使用しています。

>>詳しくはコチラより

大腸内視鏡検査

ファイバースコープを使い、直腸から回盲部までの全大腸を検査します。便に血が混じる、便が細くなった、便秘と下痢を繰り返すなどの便通異常があり、大腸自体の病変が疑われる場合に大腸の検査を行います。大腸(注腸)透視のようなレントゲン検査では発見しにくい、小さな病変を見つけられる特徴があります。

>>詳しくはコチラより

エコー検査

超音波は人の耳には聞こえない高い音で、人体に当てると体内の組織の境界や結石、腫瘍などに当たって戻ってきます。この戻ってきた音の強さの違いを画像としてモニターに映し出して行う検査です。普通特別な前処置はいらず、痛みもないので、画像診断の中では最初に行われる検査です。肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓などの臓器、消化管などの腹部の臓器、乳腺・甲状腺など体表に近い臓器、動脈硬化をみるための頚動脈、さらに膀胱、前立腺等の泌尿器、子宮、卵巣などの婦人科など多くの領域が対象となります。

>>詳しくはコチラより

レントゲン検査

レントゲン検査とは、いわゆるX線検査において最も一般的な検査方法です。CTやMRIなどと比較すると画像の有用性などは決して高くはありませんが、その簡便性や経済性から今でも多くの疾患などを診断する目的でレントゲン検査が行われます。

呼吸機能検査

この検査は、肺活量の大きさや肺の働きを調べるための検査です。
口から息を大きく 吸ったり吐いたり、検査によっては強く吐いたりゆっくり吐いたりしていただきます。この検査で気管支喘息、肺気腫、慢性気管支炎、肺線維症などの病気の状態がわかります。 本院で行っている呼吸機能検査には肺活量、フローボリューム曲線、機能的残気量 、拡散能力、クロージングボリュームがあります。